事業案内

商圏分析システム

マーケットアナライザーはGISシステムを基に商圏分析をより明確に分析します。GIS(Geographic Information System)システムとは地理的位置を中心として、その位置に関する情報を視覚的に表示し、高度な分析が可能です。それに伴い、折込広告配布により効果的なエリア指定を可能にします。

メッシュデータマップ

国勢調査データを元に3次(1Km)、4次(500m)メッシュで情報を塗り分け、貴社のニーズに合わせたターゲット層の地区占有率やマーケットサイズなどが一目で確認できます。

新聞販売店別マーケットデータ

地域統合データを新聞販売店別に面積按分集計する事で、販売店別のターゲット層占有率が即座に作成できます。

町丁字別マップデータ

貴社のハウスデータの地区別顧客数や来店客の居住地、商圏シュミレーション結果による想定商圏マップなど、自社市場動向分析にも活用できます。
また、住民基本台帳のデータを町別に塗り分けることも可能です。

時間圏商圏データマップ

自動車時間圏・自転車時間圏・徒歩時間圏と貴社の商圏内での移動手段別の時間圏により、折込エリアの指定に必要不可欠です。

マーケットデータ

上記掲載してあるデータマップを数値化することで、数字から商圏内の構成を把握することができます。

※上記の活用事例はほんの一部です。さらに詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください。

商圏分析システムについてのお問い合わせ
Copyright © 2008, Gunma Yomiuri IS Co.Ltd. All rights reserved.