事業案内

群馬読売ISの折込広告〜既存の折込広告配布エリアの検証〜

前述のようなデータ集などを駆使して策定した折込広告配布エリアで、折込を実施していくわけですが、実際には消費市場や競争市場の変化により、乖離が起こってくるはずです。
当社はその乖離を少しでもなくす為に、これから説明する内容をクライアント様にお薦めしています。

顧客データを活用し、既存折込広告配布エリアを検証しましょう。

昨今の量販店は顧客に対し、ある程度の金額に達すると特典があったり、貯めたポイントを「お金」同様の扱いで買い物が出来たりする「会員カード」などを発行している所が多いですね。
もしクライアント様がそんなカードサービスをしているのであれば
顧客のデータ(郵便番号・住所・電話番号等)の登録をしているはず・・・

その情報を使って顧客がどの地域から多く来ているか検証できます!!

群馬読売IS使用のGIS(VIPS+one)を使用してMAP上にポイント化!!

   ○○小売店
   折込配布状況と来店客分布図

折込配布状況と来店客分布図

このMAPは新聞販売店MAPに単純にポイント化しただけですが、町丁目ベースでの集計も可能です。
また、付属情報(ex.購入金額・来店曜日)があると検証の幅が大きく広がります。


“折込広告”の適正化とは…?
Copyright © 2008, Gunma Yomiuri IS Co.Ltd. All rights reserved.