Service

事例紹介

News

CASE STUDY事例紹介

マルエドラッグ様

タウンぐんま誌面広告とWeb・SNS・ジーポン連動で費用対売上が3倍

折込広告、 ポスティング、 インターネット広告、 Gポン


今回、群馬県・栃木県・埼玉県で54店舗のドラッグストアチェーン、マルエドラッグを展開している株式会社クスリのマルエ(本社:前橋市)において、オフラインメディアオンラインメディア相乗効果を図ることで、普段チラシやオフラインメディアでは届かないユーザー層(若年層など)にキャンペーン内容を周知して訴求効果をあげたい。


 

【キャンペーン内容は「お好きな1品10%OFF」】

 

タウンぐんまは毎週金曜日に配布していることから、金曜日から翌週の木曜日までの1週間限定でキャンペーンを実施。費用対効果を計測するために、JANコード(バーコード)を各広告メディアで記載し、POSレジを通過した数を計測しました。

 


 

【読売新聞の読者とタウンぐんまポスティングに配っているタウンぐんま】

 

タウンぐんまとは、読売新聞読者新聞無購読者向けのポスティングであるタウンぐんまポスティングを軸に展開。
タウンぐんまでは、「前橋・渋川版」「高崎広域版」「藤岡・富岡版」の記事下広告として部数133,550部を配布。

 


 

【Web広告としてYahoo!JAPANとGoogleのリスティングを実施】

 

グーグルでは検索連動型広告を実施することで、お得な情報を探しているユーザーに対して広告訴求し、ヤフー広告ではYahoo!ディスプレイネットワーク(YDN)でバナー広告を訴求。リターゲティング効果で既存のロイヤル顧客に対してもバナー広告を密度濃く配信。

 


 

【SNS広告はfacebook広告とインスタグラム広告】

 

タウンぐんまは誌面だけでなく、電子版であるタウンぐんまWebフェイスブックページを保有していることもメリットです。タウンぐんまWebページではトップページにバナー広告を設置してジーポンページへの導線を確保。またSNS対策としてタウンぐんまの「おすすめ情報」としてFacebook広告インスタグラム広告を配信。
地元群馬の情報に敏感なユーザーの拡散力を期待しました。

 


 

【実際に店舗で利用するには「切取りクーポン」もしくは「ジーポン」】

 

タウンぐんま誌面広告には「切取りクーポンを店舗に持参で10%OFF」と分かりやすくクリエイティブ作成。合わせて、タウンぐんま電子版コンテンツ「ジーポン」。マルエドラッグの「お好きな1品10%OFF」のスマホ画面(ジーポンページ)を店舗でレジスタッフに提示するだけで使用でき、会員登録も不要なので手軽に利用できます。

 


 

【新聞折込チラシを実施しない週でタウンぐんま×Web・SNSを実施する意味】

 

マルエドラッグはほぼ毎週新聞折込チラシを配布していますが、折込チラシを実施しない週に「普段では折込チラシ」が入らないマルエドラッグ店舗から遠い地域に対してもタウンぐんま誌面広告であればリーチが可能なので、広告予算を安く抑えて効果を上げる施策として実施。
その安くなった分の広告予算でWebSNS広告を実施。

 

 

タウンぐんま配布エリア(西毛版)の他にも、Web・SNS広告を併用しているため
群馬県全域のユーザーが本キャンペーンを知り店舗でお買い物していただきました。


 

【結果、キャンペーン1週間で利用数600件、ジーポン利用者の7割が20代~40代】

 

本企画の投資した広告予算の8割がタウンぐんま誌面広告・2割がWeb・SNS広告でしたが、その結果が顕著に表れる結果が出ました。

タウンぐんま誌面広告の「切取りクーポン」を利用したユーザーは500件弱。しかもタウンぐんまを配布した渋川市・前橋市・高崎市・安中市・藤岡市・吉岡町・榛東村・甘楽町に居住しているユーザーからの利用があり、紙の広告とはいえタウンぐんまの特徴を活かした広いエリアで利用ユーザー獲得することができた。

ジーポンでは100件以上が利用され総利用ユーザーの2割強を占めた。これは今回投資した広告予算のタウンぐんま誌面広告が8割、Web・SNS広告で2割とほぼ同率となった。Web・SNS広告への広告予算を更に上げれば更にユーザー獲得が実現できると考えます。

ジーポンの利用ユーザー層では、25歳~44歳人口で全体の68%となり、普段チラシ広告で訴求が難しいユーザー層へのアプローチが出来た結果となった。また、ジーポン画面を見たユーザーの10人に1人は店舗でジーポンを使ってお買い物をしている事もわかりました。

 

 

【費用対売上(ROAS)は320%】

 

今回の「お好きな1品10%OFF」企画を実施した群馬県内のマルエドラッグの全店舗で利用者数が約600名、投資した広告予算は新聞折込チラシの10分の1程度ではありますが、タウンぐんま誌面広告Web・SNS広告を活用することで、新たな顧客と普段リーチし辛いユーザー層にアプローチした事によって投資以上の結果を得る事ができました。この記事を見て頂いた企業様に沿った企画立案し提案させていただきます。
「タウンぐんま」「Web広告」「SNS広告」をクロスすることで「来店促進」「売上アップ」につなげます。実施をご検討いただける場合は是非お問合せください。

 

お問合せはこちらの問い合わせフォームより問合せください。