Service

商品紹介

商品紹介

INSERTION検索連動型広告で見込み顧客の獲得

検索連動型広告は、見込み顧客の獲得に有効なGoogleやYahoo!の検索結果画面に表示されるオンライン広告の形態のひとつで、スマートフォンの普及が広がった現代では普段から多くのユーザーが目にすることが多い広告です。そんな検索連動型広告の基礎から運用までをわかりやすくご紹介します。

インターネット/WEB広告MENU

①【タウンぐんま誌面×Web×ジーポン】で広告費用対売上が3倍になった事例はコチラ

②【求人広告で欲しい人材を獲得することができた事例】検索広告×ディスプレイ広告×DSPで人材獲得の事例はコチラ

kensakurendou_mainvisual

2021.02.05更新情報として「検索広告のワンポイント」にキーワードに関する最新の詳細情報を載せたので、ご確認ください。

【 目 次 】

01:検索連動型広告とリスティング広告の違い

02:検索連動型広告とはどんな広告?

03:検索連動型広告はどんなときに利用すると効果的なの?

04:検索連動型広告の費用感は?

05:検索連動型広告はどのように配信するの?

06:検索連動型広告は自社で運用できる?

07:検索連動型広告を利用したいと思ったら

08:検索広告のワンポイント!

09:主な検索連動型広告

10:設定から運用管理まで群馬読売ISにおまかせください

 

 

advertising campaign

 

検索連動型広告とリスティング広告の違い


検索連動型広告とリスティング広告は同じ広告として捉えられることが多いですが、実は検索連動型広告はリスティング広告の種類なのです。

ではリスティング広告には他にどのような種類があるの?となりますよね。ディスプレイ広告(コンテンツ連動型広告)がリスティング広告のもう一つの種類になります。

検索連動型広告もコンテンツ連動型広告もほとんどのシェアをGoogleとYahoo!が占めていて、どちらもユーザーのアクションを元に配信される広告ですが、検索連動型広告はGoogleやYahoo!の検索エンジンでユーザーが何かを検索した結果にテキストで表示される広告で、コンテンツ連動型広告はGoogleやYahoo!の自社サイトやパートナーサイトにテキスト広告や画像や動画のみ、画像や動画とテキストを組み合わせた形で表示される広告です。

このように検索連動型広告はリスティング広告の種類であって、同じではないのです。


▲目次へ戻る

検索連動型広告とはどんな広告?


前段でも記述したとおり検索連動型広告はリスティング広告の種類の1つで、配信面の多くを占めるGoogleやYahoo!でユーザーが何かを検索したときに検索結果に表示されるテキスト広告です。

もう少し詳しく解説すると、検索連動型広告とは代表的な例としてYahoo!広告Google広告などのテキスト広告を配信するオンライン広告で、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンの検索結果ページでユーザーが入力した検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広告です。例えば、日々多くのユーザーが何かを「知りたい」「買いたい」「どこかへ行きたい」「何かをしたい」と思った時にGoogleやYahoo!の検索機能を利用して、それらを検索します。その検索結果のすぐそばに表示されるのが検索連動型広告で、商品やサービスを検索している潜在的なユーザーが必要としているタイミングで表示され、検索連動型広告によって商品やサービスを見つけてもらい利用してもらえる可能性が高まる広告手法なのです。


ad rogo

▲目次へ戻る

検索連動型広告はどんなときに利用すると効果的なの?


GoogleやYahoo!で検索をするのは、ユーザーが何かを「知りたい」「買いたい」「どこかへ行きたい」「何かをしたい」と思った時に利用するので、検索連動型広告は、見込み顧客など顕在層へユーザーの行動を促進させたいときに利用すると効果的です。

では、どのような目標や目的で検索連動型広告を利用すると効果的なのか?検索連動型広告は「見込み顧客を獲得したい」「ウェブサイトへの訪問数を増やしたい」「オンラインショップや実店舗での売り上げを伸ばしたい」といったようなユーザーの行動を促進させたい目標または目的がある方におすすめな広告手法で、検索連動型広告を利用すると「提供する商品や自社のブランド認知度の向上」「提供する商品の比較検討」「提供する商品の購入」などをユーザーに促すことができ、ユーザーの行動をビジネスの成果につなげることができます。


family shopping

▲目次へ戻る

検索連動型広告の費用感は?


検索連動型広告はキャンペーン目標に合わせて、配信する側で予算などを決めてコントロールができるので安心して利用できます。

検索連動型広告は配信するのに費用が多くかかるのでは?と思うかもしれませんが、検索連動型広告は配信する側が自分で1日に配信する予算を決めて運用できるので、配信期間に合わせて利用する期間の予算を決められます。配信開始後はユーザーが表示された広告をクリックして表示されるサイトに訪問するなどした場合のみ広告費用が発生する「クリック課金型」となっているので、成果が分かりやすく管理しやすい広告手法になっています。

1回のクリックあたりの単価についても告知したい内容など様々な要因によって幅がありますが、一般的な相場では80円~1,000円程度と言われています。ちなみに、群馬読売ISでの運用経験からすると業種業態によって違う場合もありますが、100円~150円程度で配信をスタートして、80円~150円の結果になることが多いです。


cost

▲目次へ戻る

検索連動型広告はどのように配信するの?


検索連動型広告(リスティング広告)はYahoo!広告でもGoogle広告でも管理画面から大きく分けて3つの手順で難しくなく設定ができて配信ができます。

大きくわけた3つの手順をもう少し詳しく説明すると、1つめは検索結果に表示される、提供する商品やサービスなどをアピールするテキスト広告を作成。2つめは検索結果をどのようなユーザーに表示させるか、提供する商品やサービスを利用しそうな見込み客へ広告を表示できるように、商品やサービスなどと関連性の高い、検索する際にユーザーが利用しそうな検索語句をキーワードと指定してターゲットを指定します。3つめは1日にどのくらい使うか、1週間、1ヶ月どのくらいの期間配信するか、予算を決めて配信する総予算と1日で利用する予算を設定します。検索連動型広告は以上の手順で利用を開始することができます。


operation

▲目次へ戻る

検索連動型広告は自社で運用できる?


広告の運用に関しては、検索連動型広告に限らずの話になりますが、目的や広告のテキスト、設定するキーワードにより結果が左右れることから、効果を得るには、ある程度の運用経験が必要となります。合わせてPDCAサイクルをまわし繰り返し配信することで効果も得られるようになってきます。

また、Yahoo!においてもGoogleにおいても検索連動型広告は費用さえ支払えば誰でも何時でも利用することは可能ですが、自社で展開する商品やサービスなどの認知度向上比較検討購入をしてもらうために、どのようなテキスト広告を作成したらよいのか?どのような検索語句をキーワードとして設定したらよいのか?どのくらいの期間で、どのくらいの予算で配信したらよいのか?と考えてしまうことが多くなり悩んでしまうことでしょう。このように運用経験もなくお困りのお客様は運用経験実績豊富な群馬読売ISにご連絡ください。群馬読売ISがお客様のビジネスに成果をもたらすように運用を代行いたします。


effect

▲目次へ戻る

検索連動型広告を利用したいと思ったら


検索連動型広告に限らずの話ですが、オンライン広告を配信するのには、ある程度の経験や知識が必要となってきます。群馬読売ISへお任せいただければ、お客様に寄り添ったご提案、配信をいたしますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

ご相談いただき、お任せいただければ、検索連動型広告の計画から配信、運用まですべて代行いたします。群馬読売ISでは、お客様の取り扱う商品やブランドの認知向上や比較検討、購入の成果を上げるために、これまで培った経験を活かしたテキスト広告の作成、ユーザーが検索した結果、常に上位に広告が表示されるような検索語句のキーワード、その他にも広告の効果を上げる設定を施して検索連動型広告を配信。こうすることでお預かりする広告費用を無駄なく効率的に運用いたします。でも運用の代行をお願いすると高額な運用代行費(運用管理費)がかかるのではないの?と思われますよね。ご安心ください!群馬読売ISの運用代行費(運用管理費)は、県内外の運用代行を行う他社と比較しても安価な運用代行費(運用管理費)で行いますのでご安心してご依頼いただけます。


placement

▲目次へ戻る

検索連動型広告のワンポイント!



検索広告で大切なのはテキスト広告の内容と、なんといってもユーザーの検索に合うように考えて設定するキーワードです。時間をかけて考えて自社の商品やブランドを表現したテキスト広告を設定しても、ユーザーが検索しそうなキーワードが設定されていなければ表示機会を損失して効果が得られません。そこで検索広告でキーワードを設定する際に用いられるキーワードのマッチタイプを簡単にですが、ご紹介させていただきます。

2021.02.05更新情報

Googleの広告チームより次のようなキーワードに関する変更点の重要な連絡がありましたので情報を載せますので、キーワード設定の際に参考にしてください。

「変更点として2月18日(木)より、フレーズ一致と絞り込み部分一致で、同じユーザーの検索語句が一致の対象になります。このマッチ動作の変更により、設定したキーワードと同じ意味の検索語句、またはより具体的な意味の検索語句が広告表示の対象になる場合があります。これによりフレーズ一致の各キーワードのトラフィックが増加し、絞り込み部分一致のキーワードのトラフィックが若干減少する可能性があります。

キーワードのマッチタイプをよりシンプルにするため、7月までに、絞り込み部分一致を全面的にフレーズ一致に置き換える予定です。お客様が設定した絞り込み部分一致のキーワードは、更新後も運用していただけます。今後は、従来は絞り込み部分一致として登録していたであろうキーワードを、フレーズ一致としてご登録していただくことになります。

 

以上のような連絡がありました、現状配信中の広告に関しては必要な作業は無いとのことですが、今後、新たな広告配信のキーワード設定する際は注意する必要があります。

・部分一致

部分一致はデフォルトで設定されているマッチタイプです。類義語誤字表記のゆれ関連語句などキーワードに関連するパターンに対して自動的に広告が表示され、広範囲に、より多くのユーザーに広告をアピールできるマッチタイプです。部分一致を設定する場合、キーワードの作成にかける時間を節約したい効果的なキーワードに費用をかけたいなどの目的がある場合に用いると効果的です。

例)不動産 土地 ⇒ 対象:不動産 土地不動産 売買不動産 売買 土地


・絞り込み部分一致

絞り込み部分一致を設定するとキャンペーンのクリック数やコンバージョン数を増やしつつ、部分一致よりも正確な管理を行うことができます。絞り込み部分一致では、部分一致の特定の語句、またはその類似パターン(誤字、表記のゆれ、短縮形(略語や頭文字)など)ユーザーの検索語句に含まれている場合にのみ広告を表示させることができます。

例)+不動産 +売買 ⇒ 対象:不動産 売買不動産 売買 サイト売買 不動産 求人


・フレーズ一致

フレーズ一致は指定したキーワード完全に一致するフレーズや、その類似パターンの前後に他の語句が含まれるフレーズが検索された場合に広告が表示されます。このマッチタイプを利用すると完全一致よりは柔軟ですが、部分一致よりもターゲットを絞り込みことができます。ユーザーが検索に使用した語句と同じキーワードを使う広告を作成する場合や、クリック率の向上を目指す場合にフレーズ一致が役立ちます。

例)”不動産 売買” ⇒ 不動産 売買不動産 売買 税金不動産 売買 手数料


・完全一致

完全一致はユーザーの検索語句が指定したキーワードと完全に一致するか、類似パターンに該当する検索に対する場合のみ広告が表示されるマッチタイプです。ちなみに、同じ意味を持つ検索語句は、つづりや文法の違いがあっても類似パターンとみなされます。完全一致は広告を表示させる対象をマッチタイプの中で最も絞り込んで表示させることができるため、4種類あるマッチタイプの中でもクリック率を高めるのに最適なタイプで、このマッチタイプで広告が表示されるユーザーは、提供する商品やサービスに最も関心が高くあるユーザーとなります。

例)[不動産 土地] ⇒ 不動産 土地fudousantochiふどうさんのとち


以上の4種類が利用できるキーワードのマッチタイプで、運用する目的に合わせて設定することが可能で、目的に合わせてマッチタイプを選択して利用することをおすすめします。



 

 

Keyword effect

 

▲目次へ戻る

主な検索連動型広告



Google検索広告

通常のテキスト広告、自動的にタイトルと広告文を組み合わせて表示させるレスポンシブ広告の2種類が配信でき、Google検索、Googleの検索サイト、Google検索パートナーなどに配信されます。


Yahoo!検索広告

Yahoo!検索広告(旧スポンサードサーチ)ではテキスト広告が配信でき、Yahoo!JAPAN、提携パートナーサイトに配信されます。



 

 

search advertisement meaning

 

▲目次へ戻る

群馬読売ISでは目的に合わせた低予算での広告運用を実施します

(1)【タウンぐんま誌面×Web×ジーポン】で広告費用対売上が3倍になった事例はコチラ

(2)【求人広告で欲しい人材を獲得することができた事例】検索広告×ディスプレイ広告×DSPで人材獲得の事例はコチラ



ビジネスにおいて見込み顧客の獲得をすることが課題で、自社の商品の購入比較検討ブランドの認知向上の施策を考え、どうしたらいいか?!お悩みの方は、営業社員11名がウェブ解析士を取得している群馬読売ISへご相談ください。群馬県内のお客様であればどこでもご訪問、群馬県外のお客様でもオンラインで、当社営業日であればいつでもご対応させていただきます。詳しくは下記お問合せからどうぞ。



▲目次へ戻る